So-net無料ブログ作成

☆☆☆

アトリエ&カフェ パステルオブライトのホームページは、リンク集にあります。なお、現在、カルチャーセンターでの講座は終了しております。
前の10件 | -

アート講座再開について [お知らせ]

アート講座を再開させていただきます(^^♪

内容や時間を再検討させていただきました。

今までのパステルアート体験講座(3000円税込み;お茶付き)は、パステルアートしおり作成体験(1000円税込み;コーヒー1杯無料)とさせていただきます。30分程で出来上がるものとなっております。旅の記念や、おみやげに、電車の待ち時間でも仕上がるものとなっております。
siori.jpg
*当日のご来店時のお申込みで大丈夫です。ただし、お店が混雑する時間(11時頃~14時30分頃)は、お受けできない場合がありますので、ご了承ください。

シルバーアクセサリー体験は、今までどおり要予約となっております。14時30分から2時間程です。午前中ご希望の場合は、9時から2時間程になります。

なお、資格取得講座、クリエイティブパステルアート講座は、木曜日のみの開講となります。

詳しくはHPをご覧ください。https://pastelhayakawa135.jimdo.com/

よろしくお願いいたします。
コメント(0) 

営業時間と定休日の変更について [お知らせ]

先日、ブログでもお知らせしていた営業時間と定休日の変更について詳細が決まりましたので、お知らせさせていただきます。

12月より営業時間は、10時頃から18時頃までとさせていただきます。定休日は毎週木曜日とさせていただきます。他に臨時休業あり(その際は、HPでお知らせします)。なお、定休日が祝日の場合は営業いたします。

よろしくお願いいたします。







コメント(0) 

お店も賑わってます(^^♪ [アトリエ&ギャラリー]

漁港の駅、TOTOCO小田原がOPENして、当店も賑わっていますよ♪
お客様から、TOTOCOのお話しを聞いて、私もお刺身食べ放題に行ってみたい~!!なんて思っています(^^♪また、うれしいことに、当店に来店されるお客様も増えて、小田原の歴史資料が多くの人の目に留まるようになりました(^^♪うれしい限りです(^^♪

そして、絵、ポストカード売れています!!
P_20190221_123413_1_1_2_1.jpg
イルカちゃんの原画、ご購入いただきました(^^♪ありがとうございます(^^♪
inorinokanetoribon.jpg
イルカちゃん大人気(^^♪
実際に小田原の海でも、クルージングでイルカちゃんに遭遇することもあるので、土地のイメージともぴったり合ってか、人気の絵でした(^^♪

なお、現在、定休日、営業時間について、再度検討中です。詳細が決まったら後日改めて、お知らせさせていただきます。また、しばらの間、アート講座をお休みさせていただくことにしました。誠に申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

作品の販売は、今までどおりです(^^♪また、新しい作品も展示していく予定ですので、小田原漁港にお越しの際は是非、お店にお立ち寄りください(^^♪

いつもご覧いただき、ありがとうございます。




コメント(0) 

いよいよ漁港の駅TOTOCO小田原がOPEN!! [アトリエ&ギャラリー]

いよいよ、11月22日(金)に小田原漁港に漁港の駅TOTOCO小田原が、AM10時にOPENします!!(AM9:30~オープニングセレモニーがあります)23日(土)からは、朝9時からOPENです(^^♪
P_20191121_154217_1.jpg

早川駅から徒歩10分(^^♪当店パステルオブライトの近くです(^^♪早川駅改札を出たら右へ行くとTOTOCOです(^^♪看板も出てます(^^♪

待ちに待ったOPENです(^^♪
P_20191121_154339_1_1.jpg
入り口から楽しそうな雰囲気です(^^♪
P_20191121_154246_1_1.jpg
中も楽しいですよ♪1階は、おみやげがたくさん売っています(^^♪海の珍味をはじめ、ご飯にもお酒にも合う、お惣菜、お土産にも喜ばれるお菓子、醤油や出汁などの調味料なども用意していますとのこと(^^♪

2階は、フードコート(11:00~17:00;ラストオーダー16:30)美味しい食べ物が揃っています(^^♪
P_20191121_154949_1_1_1_1 (1).jpg
で2階の外に出るとと、こんな鯵の開きが・・・オブジェです(^^♪

3階は、食べ放題のお店です(^^♪おさしみビュッフェレストラン(10:59~17:00)最終入店16:00 制限時間59分

TOTOCOのホームページ→https://www.totoco-odawara.com/

是非、みなさん遊びに来てくださいね!!

また、当店パステルオブライトでも、小田原をモチーフにしたパステル画や小田原の資料もいろいろと展示していますので、TOOCOへお越しの際は、是非、お立ち寄りください(^^♪
P_20191112_134536_1_1.jpg
美味しい手淹れコーヒーと手作りベーグルでおくつろぎください(^^♪TOTOCOと一緒に当店なりに小田原の魅力を発信していければと思っております(^^♪

いつもご覧いただき、ありがとうございます。






コメント(0) 

小田原が繋げる日本の歴史 [小田原散歩~文化財・史跡編]

小田原の歴史を知れば知るほど、日本にとって大事な歴史だと思うようになりました。
特に明治・大正の歴史は、日本の歴史そのものといった感じすら覚えます。
ただ、当時は、小田原町であり、今の小田原市とは違っていたり、関東大震災があったりして、当時と比べると激変していますが、それでも、資料も少しずつですが、増えてきています(^^♪
P_20191031_150706_1_1.jpg
大正時代の日本は、あまり教科書では書かれていませんが、実は日本の大きな転換期であったと実感するようになりました。小田原には、まだ大事な歴史がたくさんありそうです。これから、少しずつですが、資料を集めながら、また、いろんな人に教わりながら勉強していこうと思っています(^^♪

手作り看板も新しく作りました(^^♪小田原歴史カフェ・パステルオブライト
P_20191031_155107_1.jpg
小田原の歴史資料を展示し始めてから、歴史に関心のあるお客様が増えてきました(^^♪今日は、偶然に興津出身の方が来られてびっくりしました!!先日、ブログで書いた西園寺公望公の坐魚荘のある所です(^^♪いろいろと日本の歴史のお話しをしました(^^♪

小田原の歴史を通して、人と人の輪も広がっていっているように思います(^^♪

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
コメント(0) 

坐魚荘を訪れて [美術館・博物館・水族館]

静岡の興津にある坐魚荘に行ってきました(^^♪
坐魚荘は、最後の元老、西園寺公望が晩年を過ごした場所です。
P_20191017_133350_1.jpg
この建物は、再建されたもので、実物は明治村で保存されています。
ただ、この場所に坐魚荘を再建したことに、とても大きな意味があると思います。
P_20191017_132352_1.jpg
当時の技術を再現し15年前に建てられたそうです。
P_20191017_123454_1.jpg
よくぞ、ここまで!!素晴らしい!!
P_20191017_133806.jpg
西園寺公の邸宅は、様々な工夫が施されていました。
P_20191017_121906.jpg
雨戸の収納庫。素敵な造りです(^^♪
P_20191017_121702.jpg
当時は、目の前が海で三保の松原まで見えたという景観を損なわないよう、雨戸に工夫が施されいます。直角になる所に(ちょうど、ガイドさんと私が写っている場所です。ここに鉄の棒が1本立っていて、その間を雨戸は、落ちることなくすり抜けて向こう側までいきます)、雨戸の収納庫を造らず、雨戸を滑らせ、そのまま、反対側の端まで届くようにしています。

素晴らしい匠の技だけでなく、当時の状況を反映して、表面は竹で覆われた鉄格子の窓や、部屋のいたるところにボタンが設置され、押すと女中さんの部屋のボードにランプが光り、どの部屋から押されたかわかるしくみになっていたりとか。かなりハイテクな建物だなと思いました!!
P_20191017_124800.jpg
もちろん、お風呂場から喉が渇いたので水をくれということでボタンを押すということもあったようですが、隅々まで、かなりのセキュリティーが施された建物でした。入口には、警備の方が常駐して詰める場所もありました。当時は、歴代の総理大臣が襲撃されることも珍しくない時代にさしかかっていました。台所では、包丁を持たないよう、料理を作らなかったとか。料理は外から頼んでいたようです。

西園寺公望は、この場所で、昭和15年に亡くなりましたが、政治家・官僚、様々な人がここを訪れました。当時、重要なことを決めるときは、元老に伺いをたてることが必要でした。当時の写真も多数残っていました。東京での国葬に向かうため坐魚荘から興津駅まで、多くの人が西園寺公の最後を見送った写真が残っていたのには、驚きました。

ここを訪れるきっかけになったのは、小田原の明治・大正を知りたくて、小田原に別邸黄樹庵を構えた松本剛吉の著、松本剛吉政治日誌を読んだことがきっかけです。松本剛吉は、小田原の古稀庵に居を構えた元老、山縣有朋に仕え、小田原と東京を行き来し、高齢の山縣公に様々な情報を伝えていました。

小田原にたくさんの政治家・官僚等が集まり、小田原詣でとまで言われました。自分の命がもう長くないと感じた山縣公は、松本剛吉に西園寺公に会うよう云い、大正11年に山縣公が亡くなった後、松本剛吉は、西園寺公に同じように小田原から東京、興津へと往復し情報を届け伝えたと記されていました。当時、興津は、山縣公が居た小田原と同じように興津詣でと言われていたそうです。

小田原は関東大震災の影響で、町全体が大きな打撃を受けたため、古稀庵を中心に賑やかだった当時の現地の記憶をたどることが難しくなっています。松本剛吉の政治日誌が唯一、事細かに当時の記憶を伝えているといっても過言ではないと思います。その松本剛吉も、昭和4年に亡くなります。

政治日誌より興津を知り、そこへ行けば、小田原が当時どのような雰囲気の場所だったかを知れるかもしれないと思いました。行ってよかったです。たくさんの記憶が残されていました。

大正時代は、教科書ではページ数は薄いですが、日本にとって、大きな節目であったと思います。明治の功労者(いろんな意味で現代日本の元を築いた人達)が、ほぼ亡くなっています。そこで、止まった日本の時間があるような気がします。現代文明を考えるときに、大正時代は、参考になることがたくさんあるような気がします。


西園寺公は、亡くなる前に、「一体どこへこの国を持っていくのや」と秘書に言ったそうです。

地元のガイドさんが、「まだ時間大丈夫?」と言いいながら、素晴らしい熱意を持って多くのことを教えてくれました。本当に大感謝です!!本当は、こちらがガイドさんに、時間大丈夫ですか?と聞かなければならないのに。その熱意には脱帽です!!

また、興津は、元老、井上馨の晩年の地でもあり、その跡地も見てきました。井上馨亡き後も遺族が建物:長者荘を管理していたようですが、戦争で焼夷弾が落ち建物は、消失したそうです。その場所は、現在、静岡市埋蔵文化センターになっていました。興津は、縄文遺跡等もあり、なんとなく小田原と似ているような気がしました。


それと、興津の一駅先の清水港で腹ごしらえをしたので、たくさん歩くことができました(^^♪ここ、とっても大事です!!
P_20191017_095833.jpg
おいしかった(^^♪

興津・清水来てよかった(^^♪いっぱい参考になりました!!これから、小田原にある大切な日本の歴史について自分なりに発掘して伝えていけたらと思いました(^^♪

今年は、西園寺公望生誕170周年、坐魚荘創建100周年、復元15周年だそうです。興味のある方は、是非訪れてみてください。

いつもご覧いただき、ありがとうございます。




コメント(0) 

いにしえと新しいものが交差する街 [美術館・博物館・水族館]

横浜美術館 で開催中の オランジュリー美術館 コレクションを観に行ってきました♪ 
20190930_154917.jpg
充実のラインナップで、やはり実物は凄いです!(^^)!

もう一つの楽しみは何と言っても食事です♪ 美術館の真ん前の マークイズみなとみらい 内の 築地食堂源ちゃん で、『 アジフライ ・ サバの味噌煮 、刺身定食 』をいただきました(o^^o) いつもながら、源ちゃんは本当に美味しくて大好きなお店です☆

おやつは、前から気になっていたパン屋さんの 大きなショコラブレッド と 大きな マスクメロンパン です(^^♪

それと、同時で美術館では、横浜美術館開館30周年記念、横浜開港160周年記念、絵でたどるペリー来航展も開催されていて、見ごたえがありました(^^♪
P_20191001_190530_1_1.jpg
下田1854年6月8日の風景です。

この日は、横浜でいつもながら、新しいインスピレーションをもらった気がしました(^^♪

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
コメント(0) 

貝殻ペンダントと玉虫(^^♪ [ワイヤーレジンアート]

この貝殻ペンダント好評です(^^♪
20190922_073057.jpg
お買い上げありがとうございます(^^♪
また、気に入っていただける作品をつくりたいです(^^♪

最近、大事な小田原の歴史のお話をしてくださる方が、ふらっと、お店にご来店されます(^^♪
P_20190924_144146_1_1.jpg
お店の入り口に、玉虫もご来店されていました(^^♪ケースに入れて飾ることにしました(^^♪(既に死んでいたので、飾らさせていただくことにしました)

玉虫は、博物館と法隆寺でしか見たことがなかったので、びっくりしました。きれいです(^^♪でも、なんとなく、日本の歴史を大事にしてねと伝えてきているような気がしました(^^♪それも、人が生きてきた生の歴史。

小田原のいにしえのお話は、小田原の人にだけでなく、日本にとっても大事なお話しのように最近感じています(^^♪ここに集まり、始まったもの、終わりを迎えたもの。記憶が忘れ去られる前に、日本人として、知っておくべき事が、小田原にはあるように思います。

今日も、いろいろとお話してくださる方が、いらっしゃいました(^^♪

ありがとうございます(^^♪

時が経ち、いくつかの文化財が、この世から無くなってしまったとしても、そこに人が生きた記憶は残しておきたいと思いました。

自分なりに、学んで、この場所から、生きた歴史を伝えていけたらいいなあと思いました(^^♪

本日も、ご覧いただきありがとうございます。



コメント(0) 

cafe107 [小田原散歩]

先日オープンした箱根登山電車カフェ『CAFE107』でティータイムを満喫してきました[ぴかぴか(新しい)] 
20190919_141733.jpg
素敵な空間で、『登山電車ケーキ』をいただきました[わーい(嬉しい顔)]

本当の駅でお茶してるみたいで楽しかったです(^^♪

いつも、ご覧いただき、ありがとうございます。
タグ:cafe107
コメント(0) 

この風景に会いたくて(^^♪ [パステルアート]

この風景に会いたくて絵を描きました♪
P_20190917_094358_1_1 (1).jpg
この夏は、いろいろ小田原の史跡巡りをしました♪縄文、弥生遺跡に尊徳記念館、静閑亭。箱根板橋、南町の明治・大正の別荘街跡。十字町ヒストリア。この夏は、地元の資料も含めて、明治・大正・昭和の歴史の本について、今までとは違った視点から書かれた本も読んでみました。自分で学び歩いて、生の歴史を今を生きる自分自身が感じ、イメージを膨らませ、そこから絵を描いてみる。

そうやって絵を描くと、そこには出会いたい風景が現れるような気がします。

この風景に出会いたくて絵を描いてるように思います。絵を通した一期一会の世界。
一枚描き終えると、次に描きたいイメージが既に成長し始めている感覚を感じます。

小田原の歴史を通してお客様とお話する機会も増えました(^^♪

最近、小田原は、日本の大事な歴史がいっぱい詰まっている宝の缶詰だと感じています(^^♪

これからも、いっぱい散歩して、イメージを膨らませて、人の息吹を感じる絵を描いていきたいです(^^♪ 

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
コメント(0) 
前の10件 | -